デュムーリエ将軍

公開日: 31.08.2021

年月日 : 年 11月6日. ジュマップの戦い 『ジュマップの戦い』 アンリ・シェフェール 作、年。 戦争 : フランス革命戦争 年月日 : 年 11月6日 場所 : オーストリア領ネーデルラント 、 ジュマップ ( 英語版 ) 結果 :フランスの勝利 交戦勢力 フランス第一共和政 ハプスブルク帝国 指導者・指揮官 シャルル・フランソワ・デュムーリエ アルベルト・カジミール・フォン・ザクセン=テシェン フランソワ・セバスチャン・シャルル・ジョゼフ・ド・クロワ ( 英語版 ) 戦力 40,, 大砲門 歩兵11, 騎兵2, 大砲56門 損害 戦死 負傷1, 戦死 負傷 捕虜 大砲5門鹵獲 フランス革命戦争 ヴァルミー マインツ 年 ジュマップ ネールヴィンデン マインツ 年 オンドスコート ワッチニー フルリュス マルセイユ リヨン ヴァンデ トゥーロン イタリア戦役 モンテノッテ ロディ カスティリオーネ アルコレ リヴォリ サン・ビセンテ岬 エジプト遠征 ピラミッド ナイル アッコ 第二次イタリア戦役 シュトックアッハ 第二次チューリヒ マレンゴ ホッホシュタット ホーエンリンデン 表示.

リンク元 関連ページの更新状況 ファイルをアップロード 特別ページ この版への固定リンク ページ情報 このページを引用 ウィキデータ項目. デュムーリエの裏切り。 公安委員会 創設される。. デュムーリエの寝返りは皮肉的にも、ジャコバン派に軍を掌握する機会を与えた。ネールウィンデンの戦い以前は軍が指揮官に従った。それ以降は、 派遣議員 が指揮官よりも強い権限を与えられた。一方で、新しく任命された戦争相は将軍たちを監視するためにスパイを放った。スパイたちは士官に対する不満を聞くとすぐに報告し、その報告が制裁か処刑に導く可能性もあった。 マクシミリアン・ロベスピエール が処刑されて恐怖政治が終わった後も、この制度は完全には撤廃されなかった [26] 。. 連合軍では勝利の功労はマックにあった [20] 。敗北を責められたミランダはパリに戻り、デュムーリエに対する陰謀を張り巡らした [21] 。連合軍の損害は士官47人、兵士2,人、軍馬頭であった。フランス軍の損害は死傷者4千、捕虜1千、大砲30門であった。ジョルジュ・ギスカール・ド・バル准将が戦死したほか、4人の将軍が負傷した [15] 。また別の文献ではオーストリア軍が死傷者2,人と行方不明人、フランス軍が死傷者3,人、行方不明と捕虜合計1,人とした [16] 。戦闘直後、フランスの志願兵のうち約6千人が脱走した [15] 。そのため、デュムーリエの軍勢は3日後には約2万名しか残っていなかった [19] 。3月23日には ペレンベルク ( 英語版 ) において再戦が行われ、コーブルク率いる3万8千人の軍勢がデュムーリエの2万2千人に勝利した。コーブルクは人の損害を出したのに対し、フランス軍には2千人の損害を強いた [15] 。.

魔法科学園 ぼかろころしあむ 辞書 ヘルプ. London: Greenhill.

ISBN. London: Greenhill.

お問合せ・ご要望 ・ お問い合わせ. 反革命 妥協的改革  徹底的革命  反資本主義        貴族層  ブルジア層   民衆・農民層.
  • 第一次対仏大同盟 百科事典.
  • USA: Pickle Partners Publishing.

この記事は、ウィキペディアのネールウィンデンの戦い 年 改訂履歴 の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書 に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。.

資本主義の発展に必要な自由・所有・権利の平等を主張 資本主義の成長がブルジョアの権力獲得をもたらす. 索引トップ 用語の索引 ランキング カテゴリー. フロレアル22日のクーデター 対ジャコバン派 。. LCCN : sh フランス軍は黎明から午前にかけて「統率の取れていないが士気盛んな」一連の攻撃を行った [3] 。正午に勢いがそがれてくると、デュムーリエは再び突撃を命じた。シャルトル公爵は大部隊を尾根の中央部に送り込み、足場を築くことに成功、オーストリア軍はそれを撃退することができなかった。フランス軍の一部がオーストリア軍右翼を回り込み、背後を脅かしたためテシェン公が右翼と中央部をモンスに撤退させ、ボーリューも左翼の軍を用いて撤退を援護した。.

[26].    .

ネールウィンデンの戦い (1793年)

ネールウィンデンの戦い 年. 急進派  ジャコバン派(ロベス・ピエール)山岳派(ダントン・マラーらコルドリエ・クラブ). ジャコバン・クラブ 憲法友の会 創設。.

Weblio Weblio IT.

Weblio 辞書 ヘルプ. オーストリア軍右翼はフランツ・フォン・リリエン( Franz タケハヤ セブンスドラゴン Lilien )が、中央はフランソワ・セバスチャン・シャルル・ジョゼフ・ド・クロワ伯爵、左翼は ジャン・ピエール・ド・ボーリュー ( 英語版 ) が指揮した。リリエンの軍勢は4個歩兵大隊、7個歩兵中隊、3個騎兵大隊で、クロワの軍勢は クウェム 村にいた3個歩兵大隊と4個騎兵大隊、ボーリューの軍勢はベルテモン( Bertaimont )の南にある山上の3個歩兵大隊とその左翼を守る5個歩兵中隊と1個騎兵大隊だった。さらに モンス に1個歩兵大隊がおり、最左翼のモン・パリセル( Mont Palisel )近くに2個中隊がいた。.

更に 年代頃からイギリスは産業革命で覇権を確実にし、フランスは転落の危機. ジロンド派・ ロラン夫人 の取り巻き 夫・内務大臣ロラン愛人・ビュゾ.

: Bataille de Jemappes 116 .

デュムーリエの寝返りは皮肉的にも、ジャコバン派に軍を掌握する機会を与えた。ネールウィンデンの戦い以前は軍が指揮官に従った。それ以降は、 派遣議員 が指揮官よりも強い権限を与えられた。一方で、新しく任命された戦争相は将軍たちを監視するためにスパイを放った。スパイたちは士官に対する不満を聞くとすぐに報告し、その報告が制裁か処刑に導く可能性もあった。 マクシミリアン・ロベスピエール が処刑されて恐怖政治が終わった後も、この制度は完全には撤廃されなかった [26] 。. ジュマップの戦い 『ジュマップの戦い』 アンリ・シェフェール 作、年。 戦争 : フランス革命戦争 年月日 : 年 11月6日 場所 : オーストリア領ネーデルラント 、 ジュマップ ( 英語版 ) 結果 :フランスの勝利 陰陽 師 言葉 フランス第一共和政 ハプスブルク帝国 指導者・指揮官 シャルル・フランソワ・デュムーリエ アルベルト・カジミール・フォン・ザクセン=テシェン フランソワ・セバスチャン・シャルル・ジョゼフ・ド・クロワ ( 英語版 ) 戦力 40, 大砲門 歩兵11, 騎兵2, 大砲56門 損害 戦死 負傷1, 戦死 負傷 捕虜 大砲5門鹵獲 フランス革命戦争 ヴァルミー マインツ 年 ジュマップ ネールヴィンデン マインツ 年 オンドスコート ワッチニー フルリュス 志馬ちゃん リヨン ヴァンデ トゥーロン イタリア戦役 モンテノッテ ロディ カスティリオーネ アルコレ リヴォリ サン・ビセンテ岬 エジプト遠征 ピラミッド ナイル アッコ 第二次イタリア戦役 シュトックアッハ 第二次チューリヒ マレンゴ ホッホシュタット ホーエンリンデン 表示.

ネールウィンデンの戦い 年 のページの著作権 Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。. 表示 閲覧 編集 履歴表示.

116 40.

知っておきたい:

コメント

  1. 第一次対仏大同盟 百科事典. これによりデュムーリエは北上する時間ができ、9月末から10月にかけて リール の包囲に対処した後、ようやくオーストリア領ネーデルラントへの侵攻計画を実施した。しかし、約束された資源が来られなくなったため3手に分けるという元の計画は変更され、代わりに10月末に軍の大半を ヴァランシエンヌ の前に集結させ、続いて モンス 、 ブリュッセル へと進んだ。.

コメントを追加

サイトに公開する前に、あなたのコメントがモデレートのために送信されます。

© 2021 undergroundarea.net | 利用規約 | 連絡先 |